木俣佳丈ブログ

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

「こうして伸ばす 子どもの脳力・子どもの学力」出版記念パーティが開催される
(木俣佳丈 at 07/24 17:31)
[1/3ページ]
6月25日(水)、木俣佳丈・名古屋後援会「鷹(よう)虎会(こかい)」が私の最新の著書「こうして伸ばす 子どもの脳力・子どもの学力」の出版記念パーティを開催して下さいました。お蔭様で、会場となった名古屋のウエスティンナゴヤキャッスルに600人以上の方々がお集まり頂く盛大な会になりました。心より感謝申し上げます。鷹虎会代表幹事の株式会社サンヨーハウジング名古屋代表取締役社長宮ア宗市氏は、開会の挨拶で、日本の活力を維持・強化させるためには教育の改善が不可欠と発言され、私の教育に取り組む姿勢を高く評価してくださいました。 

74 発起人一同.JPG

木俣佳丈・名古屋後援会「鷹(よう)虎会(こかい)」主催の「こうして伸ばす
子どもの脳力・子どもの学力」出版記念パーティで、発起人が
全員ステージ上で私たちを激励してくれました。中央は
代表幹事安井隆豊氏  第一部の鼎談で、立命館小学校副校長の隂山英男氏と前犬山市長の石田芳弘氏と私の三人が少子高齢化・国際化に向かっている日本の子供たちの教育の在りかたと方向について、各々の経験に基づいて語り合いました。私は「こうして伸ばす 子どもの脳力・子どもの学力」を出版するに至った経緯と子供の教育を重点とする私の「日本のグランドデザイン」についてお話させて頂きました。 近年の学力低下を憂慮されている隂山氏は、「午後9時までに寝る子どもの成績が一番良いことをデータが実証している」と述べ、学力を向上させるためのベースは「早寝、早起き
[6]次ページへ>>

コメント(0)
トラックバック(0)

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

このブログのトップ
Seesaaブログ